Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中小企業診断士とは

Pocket

中小企業診断士とは – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト中小企業診断士とは、中小企業に対して、経営相談を受けたり、今後の方針などについて指導をしていく役割を果たす資格です。
そして、中小企業診断士になるには、試験を受けて、登録をしなければ、活動することはできません。
いわゆる、中小企業診断士というのは、中小企業支援法に基づく国家資格であり、国家認定資格です。
中小企業支援法には、業務独占規定はないので、中小企業診断士の場合、経営の診断もしくは経営に関する助言を行うものとします。
これまでは、中小企業診断士は、公的な診断業務を担う位置づけでしたが、中小企業支援法改正後は、変化が見られました。

中小企業診断士は、一定以上の能力を持つ民間コンサルタントを認定する制度という位置付けになってきました。
法律上の規定がなくても中小企業診断士は、国家認定資格なので、登録がないと名称を使用することはできません。
中小企業庁においても、登録消除されたものは中小企業診断士と名乗ることはできないとしています。
経済産業省令においては、中小企業診断士は、中小企業支援事業での経営診断もしくは助言を担うものとされています。
中小企業基盤整備機構、商工会議所、都道府県などの中小企業に対して、中小企業診断士は、専門家派遣や経営相談をします。

中小企業診断士は、中小企業支援機関のプロジェクトマネージャーたる立場でもあります。
基本的には、中小企業診断士は、国や地方自治体、商工会議所が行う中小企業への経営支援を担う専門家とされています。
公的業務の割合が高い中小企業診断士が4割程度で、民間業務の方は5割程度となっています。
中小企業診断士の業務内容の日数は、経営指導が3割、講演や教育訓練業務、診断業務2割、調査、研究業務、執筆業務が1割程度となっています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る