Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中小企業診断士の難易度

Pocket

中小企業診断士の難易度 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト難易度が高い理由は、中小企業診断士の試験は出題範囲が膨大で、1次試験と2次試験の2回の試験を受けなければならないからです。
試験形式だけを見ても、中小企業診断士は難易度が比較的高い国家資格と言え、難関の試験の1つとされています。
しかし、難易度が高いというものの、中小企業診断士は、しっかりと試験対策をすれば、確実に合格できる資格です。
難易度が8や9になる資格ではないのが中小企業診断士で、試験対策としては、この試験の制度を上手く利用することです。
そして、合格実績のある学校でしっかり勉強すれば、中小企業診断士は、手の届かない資格ではありません。
気になるのが中小企業診断士の合格率ですが、年によって多少の差はありますが、第1次試験が15%〜20%、第2次試験が10%〜20%です。
こうしてみると、中小企業診断士の資格は、第1次試験、第2次試験共に5〜6人に1人合格する試験と言えます。
全体的にみると、中小企業診断士の試験は、3〜5%程度ということになりますが、免除制度があるので、数字ほどの難易度はありません。
ただ、中小企業診断士の合格率をみると、やはり、難易度の高い試験であることは否めません。
色んな資格サイトを見ていくと、中小企業診断士の難易度の位置付けは高く、2番目くらいになっています。
文系国家資格の難関度としては、中小企業診断士は、司法試験、公認会計士試験、不動産鑑定士などに次ぐものとなっています。

中小企業診断士は、日本で唯一のコンサルティング業の資格で、会社に対して多方面のアドバイスをします。
そうしたことから、中小企業診断士になるには、かなりの勉強をしなければならず、その範囲は膨大です。
日本の企業の95%以上を占める中小企業に対して、経営コンサルティングを行う専門家なので、中小企業診断士の難易度が高いのは当然です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る