Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中小企業診断士の受験科目

Pocket

中小企業診断士の受験科目 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト中小企業診断士を受験して、資格を取得するには、様々な科目を制覇しなければなりません。
そして、中小企業診断士の二次試験の科目には、中小企業の診断及び助言に関する実務の事例があります。
他にも組織実務の事例、マーケティング流通実務事例、生産、技術実務事例などが中小企業診断士の科目にあります。
また、一部の中小企業診断士の科目に合格した人、科目合格として、翌年度及び翌々年度の試験で、合格した科目が免除されます。
これは、科目合格を配慮したもので、中小企業診断士になるために、できるだけ負担をかけないようにした措置です。
要するに、中小企業診断士の場合、科目免除があり、司法書士試験のように一気に合格しなければならないことはないのです。
試験制度を上手く利用すれば、中小企業診断士の場合、受験の負担を減らすことが可能です。
出題範囲、専門知識の深さ、合格率を見れば、中小企業診断士の科目免除は、適切と言えるかもしれません。

中小企業診断士になるには、科目も多いので、本屋にある本や問題集だけでは、到底合格することはできません。
一般的に、中小企業診断士の試験で不合格になる人は、出題範囲を絞り切れておらず、専門知識の理解が甘いことが指摘されています。
そのため、中小企業診断士に合格するには、膨大な試験範囲を絞り、分かりやすく教えてくれる学校を選ぶ必要があります。
特に中小企業診断士の経済学の科目は、グラフがたくさん出てくるので、初学者にとっては苦痛です。
また、中小企業診断士の財務会計の科目は、苦手な人が多い科目として指摘されています。
財務会計の中小企業診断士の科目を克服するには、計算に慣れることが大事で、地道な計算の練習が重要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る