Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中小企業診断士の登録

Pocket

中小企業診断士の登録 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト中小企業診断士という資格は、中小企業の経営課題に対応するため、しっかりと診断して、助言を行う役割があります。
国家資格で、中小企業支援法に基づき、中小企業診断士の資格は、経済産業大臣が登録しています。
また、中小企業診断士は、事業に限らず、民間で活躍する経営コンサルタントとしての位置づけもあります。
中小企業診断士になるには、協会が実施する第1次試験に合格しなければならず、大関門として突破しなればなりません。

中小企業診断士として登録されるには、協会が実施する第2次試験合格後、実務補習を修了しなければなりません。
また、中小企業基盤整備機構もしくは登録養成機関が実施する養成課程を中小企業診断士は修了しなければなりません。
基本的に中小企業診断士の登録有効期間は5年間とされていて、その都度、登録を更新しなければなりません。
登録有効期間は5年間と決められているので、中小企業診断士となったものは、5年ごとに更新しなければなりません。
また、中小企業診断士の登録を更新するには、有効期間内にある要件を満たさなければなりません。
登録更新たのめの中小企業診断士の要件は、登録有効期間の5年以内に、該当する事項を5回以上行わなければなりません。
また、診断協会などが実施する論文審査に中小企業診断士は合格しなければ、登録更新はできません。
そして、中小企業診断士は、登録の有効期間内に、国、都道府県、中小企業基盤整備機構もしくは都道府県等中小企業センターが行う診断、助言業務をしなければなりません。
中小企業に関する団体が行う経営診断、経営に関する助言なども中小企業診断士はしなければなりません。
企業の成長戦略策定や実行のためのアドバイスが中小企業診断士の主たる業務になります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る