Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中小企業診断士の受験資格

Pocket

中小企業診断士の受験資格 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト基本的には中小企業診断士には受験資格がないのですが、資格を取得するには、2つの方法が用意されています。
まず、中小企業診断士になるには、1次試験に合格した後、2次試験に合格し、実務実習か実務に従事します。
つまり、受験資格が定められていない中小企業診断士は、誰でも受験することができるのです。
1次試験に合格すれば、中小企業診断士の次のステップである2次試験の受験資格が与えられるようになっています。
全国で中小企業診断士の試験は開催されていて、1次試験の開催地として、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡があります。
科目合格によっては、中小企業診断士は、試験科目の一部免除があり、他の資格があれば、科目免除適用などもりあります。
2次試験の中小企業診断士の受験資格は2年間有効であることら、1年しっかり勉強してから受験に臨むことが可能です。
中小企業診断士の2次試験の受験をするためには、1次試験を合格していることが、受験資格になります。
1次試験については、中小企業診断士の場合、受験資格は設けられていませんが、誰でも合格できるわけではありません。
試験範囲は多岐にわたり、中小企業診断士の受験内容は複雑なので、かなり難易度は高いです。

中小企業診断士の資格は、かなり難易度が高いので、受験資格がなくて誰でも受験できるからといって、甘く見てはいけません。
いきなり受験しても中小企業診断士に合格することは難しいので、十分な学習が必要になります。
1次試験は中小企業診断士となるべき、必要な学識を有しているかどうかを判定するものです。
2次試験については、中小企業診断士になるために必要な応用能力があるかどうかを、しっかり試されます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る