Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中小企業診断士とMBA

Pocket

中小企業診断士とMBA – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト中小企業診断士は、経営コンサルタントとしての位置付けがありますが、よく比較されるのがMBAです。
専門学校では、一般的に、中小企業診断士の資格を日本版MBAと謳っているところが多いようです。
中小企業診断士の資格は最近、試験制度の大幅改正をしていて、これは明らかにMBAを意識したものです。
しかし、一方では、MBA資格取得者からは、中小企業診断士の資格レベルは低いとする向きが多いです。
中小企業診断士の場合、その対象の相手となるのは中小企業がメインになり、MBAとは異なります。
中小企業診断士が主に中小企業を対象としているのに対し、MBAは主に大企業を相手にして仕事をしています。
経営学修士号がMBAであり、中小企業診断士と違って、経営学大学院から与えられる学位を差します。
MBAと中小企業診断士との違いは、MBAは公的な資格ではなく、個々の大学院から与えられる学位であることです。

中小企業診断士とMBAは根本的に制度が異なり、MBAは運営されているビジネススクールごとにカリキュラムに違いがあります。
講義やケーススタディの内容がMBAは大学によって異なりますが、中小企業診断士は、国が認める経営コンサルタントになります。
中小企業診断士の試験制度は、MBAと違い、コンサルタントとしての基礎体力を養うためのカリキュラムが明確に決まっています。
基本的に中小企業診断士の2次試験は、実践的な知識を学ぶ必要があり、これはMBAのケースメソッドによく似ています。
MBAと中小企業診断士が共通する部分は、どちらもビジネスを広く学ぶところで、事例により、実践的な思考を身につけることができます。
MBAは、中小企業診断士よりも数学的、学術的なので、どちらかというと大企業に向いていると言えます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る