Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

コピーライターと英語

Pocket

コピーライターと英語 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト

 


コピーライターには、英語が必要なのでしょうか、などと思うことがあるのですが。

昨今は、何かの企業の社内公用語が英語になったりするので、コピーライターはどうなのかと思ったのです。

言葉に関係のある仕事のコピーライターですから、英語を使ったりするのかと思ったのです。

わたしが知っているコピーライターの作品には、あまり英語が関係なさそうですが。

それに、コピーライターが英語を使うと、かっこいいキャッチコピーが出てきそうです。

だって、コピーライターがせっかくかっこよく英語のキャッチコピーを考えるのであれば。

コピーライターとして、日本語だけでなく、英語のセンスをも見せるということであれば。

英語を間違って使ったりしたら、コピーライターとしては、恥ずかしいことになりますよね。

文筆業の人でも、よく英語を間違えるので、コピーライターも気をつけなければなりません。

わたしも実際、アルバイト先でコピーライターが英語を間違ったのを、見たことがあります。

宣伝文句の英語が、語法的に間違っているのを、外国人のお客様から指摘されたのです。

いや、あれはコピーライターの仕事ではなく、社員の仕事だったのかもしれませんが。

コピーライターは、もしかしたら、印象が優先で、正確さというのは二の次になるのかもしれません。

いろいろなお客様が来られますから、英語を間違ってしまうと、コピーライターの責任でしょうね。

そうならないためにも、コピーライターは英語を正確に使えるようにしておきたいものです。

ただ、学校で習ってきた英語の知識だけでは、コピーライターとしてはどうなのでしょうか。

そんなふうに考えていると、コピーライターの苦労というのがしのばれるのです。

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

ページ上部へ戻る