Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

カウンセラーの収入

Pocket

カウンセラーの収入 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイトカウンセラーを名乗る人は多いですが、実のところ国家資格として認められた地位ではありません。
いわゆる民間資格や認定資格と呼ばれるもので、その中の一つにカウンセラー関係の資格があります。
一つではなく幾つかの資格からカウンセラーに繋がっており、仕事する分野や場所によって選択すると良いでしょう。
たとえば、医療現場であれば臨床心理士がカウンセラーに該当します。
この臨床心理士という資格も民間資格の位置づけではあるものの世間的な評価は高く、必然的にカウンセラーとしての期待値も高くなるでしょう。
企業向けなら、産業カウンセラーという資格が適当ですね。

カウンセラーは国家資格ではないため自由に名乗れますが、もちろん仕事はありません。
前述しているようにカウンセラーとは特定の職業ではなく総称のため、十把一絡げに収入を評価する事はできません。
たとえば、同じ心理カウンセラーという分野で活動していても企業に勤めている場合と開業している場合とでは期待値が大きく異なります。
当然ながら収入の幅が広くなるのは開業したカウンセラーの方で、一方企業に勤めていれば安定はするでしょう。

カウンセラーを生業にして収入アップを企図しているのなら、やはり独立開業が近道かもしれません。
もちろん、独立開業から収入アップの式を成立させるためにはカウンセラー能力だけでなく営業能力も要求されます。
どれだけ高く評価されるカウンセラーがいたとしても、世間から注目されなければ収入アップには繋がりません。
ただ、前提として能力は高い方が良いので腕を磨いておく必要はあります。
カウンセラーに関係した資格を持っているからと慢心せず、常に現代社会に適応したカウンセリングが行えるように勉強をしておくと良いでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る