Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

扶養範囲とは

Pocket

扶養範囲とは – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト

 


扶養範囲とは、まさしく扶養される範囲のことを指しますが、この範囲には基本的に2種類あります。

いわゆる健康保険の扶養範囲があり、この扶養を被扶養者して、対象は、被保険者によって生計を維持されている配偶者、親、子などになります。

そして、この場合の扶養範囲の被扶養者になるには、その人の年間収入が130万円未満であるという条件があります。

そして、所得税の扶養範囲があり、この場合の扶養を、控除対象配偶者もしくは、扶養親族と呼んでいます。

つまり税金の扶養範囲に関しては、パート勤務であれば、時間に関係なく収入が103万円以内ということになります。

税金での扶養範囲は、収入から所得税をひかれることはなく、親や配偶者などに対しも、養っている恩恵として、課税所得から控除されるようになっています。

扶養範囲には、税金安くなるという特典があるということになり、それなりのメリットがあるわけです。

健康保険や年金の扶養範囲というのは、配偶者がその収入に見合った保険料を払うだけで、保険料を払わなくても良くなります。

また、親に養ってもらっている子どもなどの扶養範囲については、健康保険料を払わなくて良いです。

健康保険と年金の扶養範囲については、収入が130万円未満でなければならず、きちんと要件をクリアしなければなりません。

しかし、扶養範囲がたとえ130万円でも、会社が社会保険に加入させる条件は、金額ではなく労働時間になります。

103万円の扶養範囲については、これは、税法上、同じ世帯で、年間所得が38万円以下の人が対象になります。

扶養者もしくは配偶者として世帯主の扶養範囲となり、一人当たり38万円の所得控除が受けられます。

また、パート、アルバイトなどの扶養範囲は、給与所得に該当するので、給与所得には給与所得控除額があります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る