Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パートで働く場合の扶養範囲

Pocket

パートで働く場合の扶養範囲 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト扶養範囲というと、パートで働くときによく用いられますが、通常のパートでは、一週間の労働時間が35時間未満の時に該当します。
この場合にパートは、扶養範囲となり、その範囲について、適当であるかどうかを心配する必要がありません。
パートで扶養範囲であるかどうかが心配になるケースは、労働時間が35時間を越えている人ということになります。
パート扱いであっても、正社員と同じ仕事をしている労働者になるので、扶養範囲に入るかどうかというのは、気になるところです。
そして、複数の会社でパートをしている人にとって、自分が扶養範囲に入るかどうかは、心配なところです。
扶養範囲に入らなくても、税負担増が気にならないパートの人はいいのですが、そうでない人は気をもみます。
つまり、扶養範囲の境界線ぎりぎりの人は、家計収入が減少してしまうということが危惧されます。

扶養範囲については、パートの収入がまず、103万円を超えてしまうとどうなるかを知る必要があります。
夫の企業から支給されている数万円の配偶者手当てがなくなるということは、扶養範囲に影響を与えます。
家計の収入がプラスになる金額は、160万円以上だと言われているので、扶養範囲については、よく考える必要があります。

扶養範囲を超えたパート収入で、家計がプラスに転じるのは160万円以上の稼ぎが必要になります。
つまり、扶養範囲におさまらないくらいパートで収入を得たとしても、103万円から160万円未満であれば、デメリットが生じることになるのです。
103万円を超えるデメリットを考慮して、扶養範囲でパートとして働く方が賢いということです。
扶養範囲を超えて、家計収入がプラスになる160万円以上のパート労働者になると、責任も重くなります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る