Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

扶養範囲と通勤費

Pocket

扶養範囲と通勤費 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト扶養範囲については、色々な要素が含まれていて、奥さんがパートで仕事をするとき、とても役に立つ制度です。
ただ、たくさんパートで200万円、300万円と稼いでいる人にとっては扶養範囲にはなれません。
収入はほしいけれど、旦那の扶養範囲を超えてしまうと、色んな特典が受けられなくなります。
結果的に扶養範囲を超えてしまうと、旦那の税金が増えてしまうことになり、元も子もなくなります。
主婦がパートで働く場合、扶養範囲にうまく収まるよう、しっかりと収入をコントロールしていかなくてはなりません。
つまり、扶養範囲を堅持するには、それなりの対策が必要で、その限度所得は、103万円以下となります。

扶養範囲になるには、決められた収入の額を超えないようにして、その額を調整しなければなりません。
月に2万円の通勤費をもらっている人は、年間24万円となり、通勤費によって扶養範囲を超える場合があります。
つまり、通勤費のために扶養範囲を超え、それがために、扶養と認められないこともあるわけです。
なぜなら、扶養範囲においては、税法上の通勤費は、実費必要経費の位置づけになり、所得ではないという考えがあるからです。

扶養範囲で、社会保険上の通勤費については、通勤手当という位置づけになるので、それは収入に含まれます。
いずれにせよ、扶養範囲で働きたいと考えているなら、通勤費も含めて、その範囲の枠を超えないようにしなければなりません。
とかにかく、扶養範囲を超えてしまうと、色んな面で負担が大きくなるので、その額には注意しなければなりません。
所得税法では、扶養範囲については、通勤費は除外されますが、保険上は通勤費が収入に含まれるので、計算上、間違えてはいけません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る