Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

扶養範囲と労働時間

Pocket

扶養範囲と労働時間 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト扶養範囲で仕事をするということは大きなメリットがありますが、その範囲内で働くには、時間と収入を考えなければなりません。
果たして一日5時間、週5日働くことで、扶養範囲として認定されるのかどうかが気になるところです。
この場合、給与収入にすると103万になり、それを超えなければ時間に関係なく扶養範囲に入ることができます。
ただ、健康保険や年金についての扶養範囲は、一週間の勤務時間と一ヶ月の勤務日数がかかわってきます。
しかし、この場合、時間がクリアしていても、月の収入が10万8334円以上であれば、扶養範囲に入ることはできません。
つまり、年収130万以上になると扶養範囲には該当しなくなり、主人の扶養に入ることはできません。
年収が103万を超えていなければ、税金での扶養範囲でいることはできますが、この場合、時間調整が大事です。
つまり、103万以内の扶養範囲を想定すると、1日5時間×週5日×4週間で、100時間が目安になります。
それに大体、残業時間を追加すると、110時間くらいが、扶養範囲内で働く1カ月の時間になります。
つまり、扶養範囲と一口に言っても、所得税法上の控除対象配偶者と健康保健上では違いがあるのです。
扶養親族と認められる収入の範囲は、それぞれ異なり、その要件に該当しないと、扶養範囲に入ることはできません。
健康保険での扶養範囲は、130万円未満、税法上では、103万円以下という厳格な規定があります。
ただし、1日の所定労働時間と1ヶ月の所定労働日数が、一般労働者の3/4以上である場合は、扶養範囲に入ることができません。
つまり、時間配分を考えないと、扶養範囲から外れ、社会保険の被保険者になってしまうということです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る