Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

扶養範囲と住民税

Pocket

扶養範囲と住民税 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト扶養範囲に関する住民税の規定については、所得税とは少し違った規定になっているので、注意しなければなりません。
住民税に関しては、パート収入が98万円を超えていれば、扶養範囲内であっても、住民税がかかる可能性があります。
つまり、パート収入が100万円以下であって、扶養範囲であっても、市町村によっては均等割で住民税4000円がかかるとことがあるのです。
住民税の計算における扶養範囲は、基本的には、所得税と同じように103万円以下ということになっています。

扶養範囲についての住民税の計算は、それぞれの地域によって違うので、詳細は市区町村で確認する必要があります。
住民税の扶養範囲の考え方としては、前年の合計所得が45万円未満の場合、控除額は33万円となります。
また、前年の合計所得が45万円以上75万円未満の場合、扶養範囲の控除額は合計所得から38万円を引いた額になります。
そして、前年の合計所得が75万円以上76万円未満の場合は、扶養範囲の控除額は3万円となります。
所得金額に応じて計算される住民税の所得割は、扶養範囲では、所得金額に制限があります。
35万円を超えると、課税標準額に税率を乗じた額が、扶養範囲として、翌年度に課税されることとなります。

扶養範囲の住民税の計算はややこしく、申告内容によって、税額はかなり変動してきます。
つまり、住民税の扶養範囲の計算については、ある程度の目安程度ということで、参考にしいてくしかありません。
しかし、収入要件については、逆に厳しく設定されているので、扶養範囲については注意が必要です。
また、社会保険とは異なり、扶養範囲については、扶養親族と控除対象配偶者に該当するかどうかは、12月31日時点で判断されます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る