Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

扶養範囲で働く人の年末調整

Pocket

扶養範囲で働く人の年末調整 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイトつまり、年末調整については、扶養範囲にあれば、出さなくていいという人がたくさんいるわけです。
しかし、実際は、扶養範囲であっても、年末調整は出さないといけないもので、会社でもそう教えています。
つまり、年末調整を提出しないと、扶養範囲で実際に働いていることを、管轄税務署が知ることはできません。
しかし、扶養範囲の人に対して会社は年末調整を提出させる権利があり、税務署からも実際依頼されています。
扶養控除申告書と年末調整の申請を一緒に考えてはダメで、扶養範囲の人は、その点に留意しなければいけません。
市町村は収入と納税状況は把握していて、所得証明書もとれるので、扶養範囲の人でも自分で年末調整はしなくても普通はよいのです。
もちろん、年間収入によっては住民税の請求は市町村からきますが、扶養範囲の年末調整は普通会社がやります。
要は、年末調整というのは、扶養範囲の人でも、自分に収めすぎた所得税が確定申告に行かなくても還付されるかどうかだけのことです。
ただ、自分で確定申告するというのは面倒なので、扶養範囲の年末調整は、会社に任せておけばいいのです。
結局、扶養範囲の年末調整を出さないと、自分で確定申告をしに年度末に税務署に行かないといけないので面倒です。
その年の年収が間違っていないかをチェックするのが年末調整で、扶養範囲の人でもそれはする義務があります。
所得税を取り過ぎていないか、取り足りないかをチェックする為のものなので、扶養範囲の人でも当然必要なのです。
ただ、会社によっては年末調整をしないで、従業員個々人で確定申告をさせるところもあるので、そうした場合、扶養範囲の人は要注意です。
ただ、会社がやってくれるところなら、扶養範囲の年末調整は会社に任せるべきでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る