Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

法律事務所事務員の守秘義務

Pocket

法律事務所事務員の守秘義務 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト

 


法律事務所事務員には、重要な任務として、依頼者の守秘義務があり、しっかり守らなければなりません。

守秘義務をしっかり守らなければならいので、法律事務所事務員に求められる能力は実に多様です。

法律事務所の規模や扱う事件の内容によって、法律事務所事務員に要求される能力は違いますが、守秘義務は共通です。

必要とされる法律事務所事務員の能力は、守秘義務の他、秘書業務から法律文書の作成業務まで多岐に渡ります。

社会一般常識と応接マナーは、法律事務所事務員には必須で、法律事務所での仕事はサービス業であることを忘れてはいけません。

法律事務所事務員の仕事は、パソコンスキルが必須で、ワードやエクセルは当たり前にできなければなりません。

法律事務所事務員は、スキルとして、パソコンスキルは必須で、中級レベルは必要になります。

つまり、法律事務所事務員の責任は重大で、与えられた仕事と関わった仕事に対しては、最後まで責任を持って取り組まなければなりません。

向上心と頭で物事を考える力が法律事務所事務員には求められ、お客さんの守秘義務に徹底する必要があります。

法律事務所事務員の仕事は多忙なので、指示待ち型の受身では仕事にならず、積極的な姿勢が求められます。

弁護士には重い守秘義務が課せられているので、法律事務所事務員にも当然、守秘義務があります。

法律事務所での仕事は信用が第一なので、法律事務所事務員は弁護士とともに、しっかり守秘義務を守らなければなりません。

職務上知り得た情報を口外しないというのは、法律事務所事務員には絶対必要で、守秘義務は厳守する必要があります。

法律事務所事務員は、弁護士と同様、高い倫理観が求められ、守秘義務は絶対であることを忘れてはいけません。

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

ページ上部へ戻る