Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

育児休暇からの復帰日

Pocket

育児休暇からの復帰日 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト

 


正社員にとっては、育児休暇中、職場のことが気になり、焦りもあって、どうしても復帰日が気になるものなのです。

正社員が育児休暇のことを気にして、復帰日が早くなれば、当然、代わりを務めた派遣の期間は短くなります。

正社員が育児休暇を脱して、早く職場に復帰して、復帰日を気にするというのは、当然のことかもしれません。

しかし、育児休暇の復帰日が早くなると、派遣期間で予定を組んでいた人は、突然、派遣期間が終了します。

派遣は雇用が不安定なので、正社員の育児休暇の復帰日が早くなると、仕事にあぶれることになります。

育児休暇の復帰日が早くなればなるほど、計画的に変わりに任務を務めた派遣社員の立場は苦しくなります。

当然、正社員なので、会社は、育児休暇の復帰日を早くした正社員を優先することになります。

例え、派遣社員が約束として契約していたとしても、育児休暇の復帰日を早くした正社員が優先されてしまうのです。

追い込まれた派遣社員は、育児休暇の復帰日を早くした正社員のおかげで、解雇という形になってしまいます。

そうなると、派遣社員の待遇は悪く、正社員の育児休暇の復帰日に対して、負けてしまいます。

育児休暇の復帰日に、派遣社員が負けてしまうのは悲しいことですが、これは仕方ないことです。

育児休暇の復帰日を早くした正社員は、代わりの派遣の人の契約期間の約束など、知る余地はありません。

結局、育児休暇の復帰日を早く希望した正社員の勝ちで、会社がそれを了承したら、それで終わりです。

基本的に育児休暇の復帰日を決めて復帰する場合は、サポートに感謝して、仕事への意気込みを伝えることが大事です。
 

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

ページ上部へ戻る