Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

育児休暇の挨拶

Pocket

育児休暇の挨拶 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト

 


育児休暇の挨拶をする時、どこまで具体的に知らせるかは相手との関係性によって違い、育児休暇の挨拶は、臨機応変が求められます。

育児休暇の挨拶をする時は、職場の人相談しながら、上手く対処していく必要があります。

基本的には、私事で大変恐縮ですが、来月から育児休暇のため、休職する事になりました、というのが挨拶の基本になります。

そして、休職中の対応については、私に代わって、誰誰が担当するということも、育児休暇の挨拶に付け加えるべきでしょう。

しばらくの間、育児休暇は職場を離れることになるので、挨拶の際、復帰する日も伝えておくとよいでしょう。

育児休暇の挨拶は、その締めくくりとして、恐縮ですが今後とも変わらぬお付き合いのほど、という言葉も必要です。

上司にも同僚に対しても、育児休暇の挨拶として、ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします、と言うべきでしょう。

基本的に、育児休暇の挨拶の場合、菓子おりなどは渡す必要はありませんが、時々子供を見せに行ったりするのはいいかもしれません。

その際に、皆でつまめるようなお菓子を持って行くと良く、育児休暇についてはやらないよりはそうしたことはやっておいた方がいいでしょう。

もし菓子折りなどでの育児休暇の挨拶で迷った場合は、贈っておけば無難と考えるべきです。

わざわざ、育児休暇の挨拶のためにお金をかけたくない思いはあるでしょうが、贈られて嫌な気にはなりません。

また、復帰後、子供の病気で突然休むようなこともあるので、育児休暇の復帰の挨拶は、その辺のことも盛り込んでおくと良いでしょう。

復帰初日には、育児休暇の挨拶と共に、菓子折を持って行くと良く、その間に代替要員となってくれた人を労います。

復帰日当日は、全従業員の前で育児休暇の挨拶をすることになるので、全員にわかるような挨拶を心がけましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

ページ上部へ戻る