Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

業務の改善のトヨタ事例

Pocket

業務の改善のトヨタ事例 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト業務の改善問題は、自動車メーカーも無縁ではなく、「業界の雄」であるトヨタでさえも対策を迫られていると聞く。
トヨタが世界に知らしめた「カイゼン(改善)」という言葉を、業務の改善と言う形で外部から要求されるとはちょっと信じがたいが、紛れもなく現在の状況を表している。
特に、日本では自動車業界の裾野は広く、下請けや孫請けの業者を含めれば、影響を受ける人は相当数に上り、彼らのためにも早急な業務の改善が望まれる。
正しく待ったなしの業務の改善なのだ。

業務の改善は、トヨタを始め各自動車メーカー日産の工場もアイデアを出しながら、模索を始めているだろう。
もはや「作れば売れた」時代ではなく、業務の改善を施しながら新たな手法を考えなければならないだろう。
環境問題でいえばハイブリッド車の開発や、部品のリサイクル効率を挙げることも業務の改善になるはずだ。
電気自動車も一つの手であろうが、社会的にインフラが整備されなければ、業務の改善とはいえ製品化しても売れない。
このように「ハード」の業務の改善はタイムラグが発生しやすく、即効性という面で弱いのである。
業務の改善といっても、「ハード」と「 ソフト」 の両面でバランス良く進行しなければ、効果は出ないという事はトヨタも解ってはいるだろう。
トヨタを筆頭に各自動車メーカーには頑張って頂きたいし、業務の改善を速やかに推し進めて頂きたい。
特に、自動車メーカーの工場を区域内に持つ市町村は、業務の改善の成否は切実であろう。
私の住む北関東の町では日産の工場があるが、すでに減産や派遣従業員の契約打ち切りが始まっており、業務の改善が現実のものとして打ち出されている。  
私の町では、財政的にも日産工場に依存しており、日産の好不調で町民の税金関係や商売も影響を受けるので、一刻も早い業務の改善が待たれる。
業務の改善について詳しい情報を得たい場合は、ネットで産業関連の最新のニュースを見たり、ウィキペディアなどを参考にしてもいいだろう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る