Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

金融庁の業務の改善命令

Pocket

金融庁の業務の改善命令 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト業務の改善を、金融庁の命令の下に促される会社や団体、企業は後を絶たない。
金融庁は業務の改善委員会の設置や「ISOの取得」、「コスト 削減」や「経理の精査」などで徹底的に経営改善を要求していく。
金融庁は業務の改善の手法として有効とみれば、「経理の精査」や「委員会の設置」なども検討するだろう。
金融庁は、即効性のある業務の改善として、「コスト 削減」も当然命令してくるだろうが、どの会社や団体、企業も痛し痒しであろう。
いくら業務の改善と言えども、安易な人員削減をすれば、従業員や労働者、社員及び組合は黙ってはいまい。
経済は日本だけではなく、世界的に後退しているのが現状で、業務の改善は各国とも急務だ。
これほど経済が悪化してくると、影響を受けない業種など皆無で、殆どすべての業種が業務の改善を迫られている。
業務の改善とは無縁のように思われるトヨタでさえ、アメリカに端を発する世界的不況のあおりを受けて、業績不振の現状であるから、他の自動車メーカーでは尚更であろう。
現在の日本の経済状況を思えば、業績悪化により、金融庁から業務の改善命令を出されている企業が多いのも不思議ではない。

金融庁の業務の改善 命令に関しては、ネットでの検索も可能のようだ。
過去の金融庁による業務の改善の例などが乗っているサイトがあるので、閲覧してみても良いかもしれない。
各社ともテレビや雑誌などでお馴染みの企業で、そんな安定しているように見える企業が、業務の改善命令を通達される時代である。    
もはやどんな大企業が、金融庁の業務の改善命令を受けても不思議はないし、業績が悪化し、社会に波及する影響が多ければ、行政が介入し改善命令を出す。
特にメガバンクやトヨタなどの場合、社会に与えるショックは計り知れないので、早急に業務の改善されることが望まれる。
金融庁の業務の改善命令は、言い換えれば国民の問題と言える。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る