Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

業務の改善の良き案

Pocket

業務の改善の良き案 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイトアメリカに端を発する経済悪化が原因で 、好調を維持してきた自動車業界でさえも、ここにきて影を落としてきて、多大な損失を与えている。
輸出に頼る業種の損失額は膨大で、自動車業界が業務の改善を迫られるのも無理はないだろう。
傘下には、家族を養わなければならない多くの従業員がいるので、待ったなしの業務の改善が必要だろう。

業務の改善は、トップダウンとボトムアップの双方向で案を練り、アイデアを出しながら進めていかなければ、効果は期待できない。
もはや役員以下、全従業員が業務の改善の先頭に立ち、戦っていく場面に来たのである。
自動車業界でいえば、ハイブリッド車の開発や、部品のリサイクル効率を挙げることも業務の改善になるはずだ。
ハイブリッド車は、ここに来て社会的にも認知度も上がり、価格もこなれてきたので、インフラが整備された今が、売り時だろう。
「ハード」と「 ソフト」両面の業務の改善が同時進行して初めて、結果が出ると思うが如何だろうか。
企業のトップが業務の改善にあたり、忘れてはならないのが消費者と従業員なのは言うまでもない。
やはり、業務の改善の案といっても、「ハード」と「 ソフト」 の両面でバランス良く考えていかなければ、効果は出ないのだ。
業務の改善を速やかに推し進めて、トヨタを筆頭に各自動車メーカーにも頑張って頂きたいし、自動車メーカーの衰微如何で、他のあらゆる業種の方向も決まってしまう。
そう言った意味で、自動車メーカーの責任は大きく、業務の改善の成否は日本の行方をも左右しかねない。
自動車メーカーの工場がある町では、すでに減産や派遣従業員の契約打ち切りが始まっており、業務の改善が現実のものとして打ち出されている。
気になる動向は、ネットなどで産業関連の最新のニュースを見たり、ウィキペディアなどを参考にして、業務の改善について情報を掴んでみるのも良いだろう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る