Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

帰国子女の履歴書

Pocket

帰国子女の履歴書 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト

 


帰国子女が就職する場合、最も懸念されるのが履歴書の書き方で、幼稚園から小学校まできっちり記載しないといけません。

そして、中学から高校卒業まで海外にいた帰国子女に至っては、詳細に履歴書を作らないといけません。

中には、帰国子女として日本に帰ってきて、日本の大学を卒業してから、医学部の大学に編入する人もいます。

履歴書を書く場合、帰国子女は、学歴として、中学卒業、高等学校入学、卒業から大学の学部学科、卒業見込みまできちんと記載しなければいけません。

帰国子女の履歴書は、日本で使う履歴書の場合、Instituteより、高等学校とか、学園など日本語で書いた方が無難です。

外資系なら、帰国子女の履歴書は、英語でも問題ないのですが、できれば日本語で書くべきでしょう。

海外生活が長い帰国子女の場合、日本語がどうしても苦手になるので、履歴書を作る際、困難をきたします。

話すほうは何とかなっても、帰国子女の場合、書くほうがダメな人が多く、履歴書作りは難航します。

レジュメは問題ないにしても、日本語の履歴書はどう書けば良いか、帰国子女はかなり悩みます。

帰国子女の履歴書についてですが、日本語の履歴書に関しては、定型フォーマットになります。

書式が決まっているので、帰国子女は履歴書を作る際、記入する各フィールドの内容が分かれば、埋めることは可能です。

とりあえず、帰国子女は履歴書を自身の力で完成させ、それを日本人の友人にチェックしてもらうといいでしょう。

そうすれば、帰国子女の履歴書で、多少、日本語のミスがあっても、大きな問題にはならないでしょう。

ビジネスのグルーバル化が進む中、帰国子女の能力を必要とする会社は多いので、どんどん履歴書を作っていきましょう。
 

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

ページ上部へ戻る