Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

教師のサラリー

Pocket

教師のサラリー – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト

 


私の子供は小学生なのですが、よく保護者が井戸端会議の話題に教師のサラリーを取り上げているのを耳にします。

教師には熱心に子供に接してくれる教師とそうでない教師がいるので、熱心ではない教師が担任しているクラスの保護者ほどサラリーを話題に取り上げるように思います。

サラリーというのは労働に見合った収入でないと、教師にしても、保護者にしても、サラリーマンにしても、みんな納得いかないようです。

私も学校参観などで教師を見ていると、熱心な教師とそうでない教師が同じサラリーだということに、熱心な教師が可愛そうと思ったりしてしまいます。

サラリーを教師がどれくらい貰うかは、公立学校の先生なら公務員の規定で決められているようです。

長年教師を務めればその分サラリーも高くなるという仕組みになっていると思います。

そして、教師は公立の学校だけでなく私立の学校にもいますから、私立と公立では教師のサラリーは異なってくるようです。

公立学校の教師は公務員ですが私立学校の教師は一般企業の会社員のような扱いになります。

私立の場合はどの学校に勤務して教師をするかでもサラリーは異なってくるのだとか。

ただ、教師は、安定したサラリーが貰えるからという理由だけでは勤めきれないように思います。

また、担任しているクラスの生徒の保護者によっても仕事の内容は複雑化し、それでも公立の教師のサラリーは一律なのです。

ですから、大学で教職課程を取り、教師になりたいと考えている方は、ネットを活用してサラリーを調べてみると良いでしょう。

ネット上には教師のサラリーについて情報交換しようというサイトなどがありますから、参考までに見てみると良いと思います。

そして、公立の教師の場合は勤務する地方によってサラリーに差があるようです。

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

ページ上部へ戻る