Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

SOHOと個人事業主

Pocket

SOHOと個人事業主 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト

 


SOHOというのは、簡単に言ってしまえば家で仕事をする事を指します。

ただ、これだと自営業で自宅兼店舗の場合まで含まれてしまうので実際にSOHOの意味が通るのはもう少し狭い範囲です。

オーソドックスな形としては、インターネット環境を利用した仕事を自宅でしているとSOHOという言葉が使えるようになります。

雑貨をインターネット販売する一方で店頭販売していると、SOHOとはならないかもしれませんが店頭販売の部分がなくなれば該当するでしょう。

よく言われるSOHOの場合には、もっと分かりやすく文書作成やデータ入力が主な内容となります。

メールなどで必要な情報を受け取り、期日内に作成したものを送るのが流れです。

SOHOのスタイルを取っている方の中で、個人事業主という立場の方はいるでしょうか。

家で自由に仕事している風に見えるため、時折SOHOと個人事業主を混同される方がいます。

しかし厳密に言うと、SOHOは会社に属する者がオフィスとなる空間を自宅や小規模な事務所等の会社とは切り離された場所に設けて業務に当たる事を指します。

むしろ、SOHOを意識した場合はそれ限定での契約となるケースが多いのではないでしょうか。

もちろん、正社員という立場でオフィスを自宅に用意して働いているSOHOの方も中にはいるでしょう。

SOHOと単純に言った場合、得られる収入は簡単なアルバイト程度になるかもしれません。

簡単な作業で報酬を得られるのがSOHOですが、簡単ゆえに単価は低く設定されているものがほとんどです。

具体的な金額としては、記事一つに対して数百円というのがSOHOの相場になっているでしょうか。

ここに専門的な知識が要求されるものが加わると、一気に高額な報酬となります。

SOHOとして行われる作業そのものも、単純なデータ入力の類ばかりでなく企業のウェブサイト管理等があります。
 

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

ページ上部へ戻る