Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

退職推奨とリストラ

Pocket

退職推奨とリストラ – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト退職推奨は、簡単に言うと、定年前であるにもかかわらず、会社側から退職しないか、と打診されることを言います。
リストラと違って退職推奨された場合は、すぐに退職届を書くと、自己都合退職になるので注意しなければなりません。
会社の都合でこっちが辞めてあげるのが退職推奨であり、リストラとは違うことを労働者側は認識しなければなりません。
退職推奨で辞めるときは、あくまでリストラされたのではなく、自分が会社をリストラしてやるという心構えが大事です。
つまり、退職推奨はリストラではないので、労働者側は強気な姿勢で応じていいというわけです。

退職推奨された時は、自分の良さを正当に評価できない会社は、こっちから願い下げてやるぐらいの気迫が必要です。
そうした意気込みを持てば、たとえ退職推奨で退職したとしても、今後の仕事を探す上で活力になります。
再就職後のエネルギーにするくらいの気持ちを持って、退職推奨に応じると、気分も随分と違います。
つまり、飛躍的なジャンプアップのきっかけにもなるのが、退職推奨であり、落ち込む必要はありません。
ただ、そうは言っても、天狗になりすぎてもダメで、過剰評価しすぎると、退職推奨された後、路頭に迷うことになります。
実際に退職推奨された時は、リストラの時と同様、かなりのショッツクで落ち込むことになります。
しかし、退職推奨をされた時は、落ち込んでも、それに反発したとしても、結局、解決にはなりません。
リストラや退職推奨にあった時は、とにかく自然体でいられるよう、日頃からメンタルを鍛えておく必要があります。
ほとんどの場合は、退職推奨されると落ち込んで、焦ってしまいますが、堂々と拒否する時は拒否していいのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る