Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

退職推奨された時の退職金

Pocket

退職推奨された時の退職金 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト退職推奨を会社側がする場合、希望退職者募集ということになるので、退職金の上積みが行われます。
そうした場合、退職推奨は当然、会社都合での退職になるのですが、自己都合にされることもよくあります。
自己都合で退職推奨に応じると、退職金の支給、失業保険金の支給などで、大きな不利を被ることになります。
退職金規定のある会社なら、退職推奨された時は、退職金にいくらか割増されるのが当然の措置になります。
通常、退職金算定基礎給×勤続年数×事由係数という計算式で支給額が決まるのですが、退職推奨の場合は、普通、それにプラスアルファされます。

退職推奨に応じる際、会社の思うようにしていると、自己都合になることがあり、結果的に退職金が少なくなることがあります。
また、失業保険金の受給にも退職推奨は影響し、自己都合で退職すると、申請して3カ月後の支給になってしまいます。
つまり、会社都合で退職推奨に応じることで、退職金、失業給付共に、増額されるというメリットがあるのです。
退職推奨で自己都合にされないようにするには、話しあいの席で、会社都合になることを打診しなければなりません。
そのことはくれぐれも会社に確認することが大事で、退職推奨されても、その確約が得られるまでは退職届は出してはいけません。
退職金ももちろんですが、退職推奨に応じる時は、失業給付のためにも、離職票の離職理由が、自己都合とならないようにしなければなりません。
退職推奨を受けた時は、決して会社の言いなりになって、退職届に判子を押してはいけません。
会社に対しては、自分の意思を伝え、退職推奨の際に生じる、当然の権利を主張しなければなりません。
会社側が退職推奨をする場合は、それなりのルールが必要なので、労働者側は、安易に応じてはいけません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る