Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

退職推奨についての相談

Pocket

退職推奨についての相談 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト退職推奨を迫られる際、場合によっては個人面談の場合もあり、そうした時は、不当解雇をされかねません。
そうならないよう、退職推奨の話をする時は、会社側が言ったことや自分が言ったことをしっかりメモしておくことです。
退職や労働条件の切り下げには、退職推奨の際、絶対に応じてはダメで、そうならないよう一旦間をおいて、相談する必要がります。
要するに、退職推奨の話があったときは、ハッキリと断るか、それができなければ、考えますとだけ言ってその場を退散することです。
辞める場合は、いつでも辞められるのが退職推奨なので、決して焦って行動する必要はないのです。

退職推奨されて辞めたくない時は、記録を残すために、内容証明郵便で辞めない意思をはっきり伝えることが大事です。
絶対に辞めたくないのに、退職推奨でしつこく退職をせまられた時は、辞めない意思を内容証明郵便にして会社に送るのが一番です。
書面で意思表示をすることは非常に効力があり、それだけで、退職推奨がなくなるケースもあります。
色んなところの相談結果を踏まえて、退職推奨に対する態度や、行動を決めていくことはとても大切なことです。

退職推奨に対する解決手段は、いざとなると中々分からないものなので、そんな時こそ、専門家に相談するべきです。
行政や労働基準監督署に対して、退職推奨に対する相談することは、実に有意義なことです。
労働基準監督署の窓口に対して、退職推奨についての相談をすれば、それなりに参考になることは多いです。
そして、退職推奨に関する労働相談だけではなく、様々な相談にも応じてくれるので、メリットは大きいです。
会社との間に入って、調整やあっせんもしてくれるので、退職推奨についての相談先としてはもってこいです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る