Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

退職推奨のトラブル

Pocket

退職推奨のトラブル – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイトまずいきなり解雇するというのはできないので、会社側は、退職推奨という方法で迫ってきます。
しかし、実際は、退職推奨に関しては、トラブル事例がいくつもあり、皆無ということは決してありません。
まず、退職推奨でトラブルに合わないようにするには、会社側は冷静に対処していかなくてはなりません。
あくまで勧奨であるのが退職推奨であると会社側は認識しなければならず、本人が拒否することを想定しなければなりません。
会社側が強迫行為をすると退職推奨は、法律上、効力を失い、そこからトラブルに発展する可能性ガ高くなります。
また、労働者が退職推奨に応じて退職した場合、離職事由は会社都合になることを会社側は認識しなければなません。
つまり、退職推奨をする時は、会社都合での離職者を出すことを会社側は認めなければならないのです。
退職金に関しては、退職推奨に労働者が同意しやすいよう、金額の上乗せを用意することも配慮する必要があります。
そして、退職推奨で無事、合意を得られた場合は、退職合意書を交わしておかないと、トラブルになりかねません。

退職推奨をする時は、会社からの提案内容を予め文書化しておくことが大事で、そうすることでトラブルを回避できます。
しっかりと労働者が退職推奨に対して納得できるよう、また、記名捺印してもらうよう事前の準備は大切です。
退職推奨を受け入れない労働者に対して、会社が執拗な勧奨をすることは、違法行為にあたり、トラブルになります。
労働条件の切り下げや、配置転換、解雇などを退職推奨に応じない労働者に示唆してはいけないことになっています。
そうしたところまでいくと、退職推奨のトラブルは大きくなり、会社に損害賠償責任が生じることもあります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る