Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

退職推奨と退職強要

Pocket

退職推奨と退職強要 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト退職推奨は、端的に言うと肩たたきになり、使用者が従業員に、退職を提案する行為をさします。
そして、退職推奨はあくまで提案するだけで、それを受け入れるかどうかは、従業員の自由になります。
あくまで、説得するだけなら良いのですが、退職推奨において、その方法が社会的相当性を逸脱した時は、退職強要になります。
退職を拒否しているにもかかわらず、何度も退職推奨をすることは、退職に追い込む行為となり、退職強要と判断されます。
いずれにせよ、退職強要に伴う退職推奨があった場合、そこで出された退職届は無効となります。
また、退職推奨に応じない者に対して、嫌がらせ目的の異動を命じたり、懲戒処分をすることも違反になります。
退職推奨を拒否した場合で、遠隔地への配転を命じられたり、嫌がらせなどを受けた場合は、当然それは退職強要に値します。
労働者は、退職推奨に関する退職強要に対しては、裁判所に対して、行為差止めを申し立てることができます。
そして、退職推奨があまりにも執拗な場合は、内容証明郵便で断るという手段もあるので、覚えておくといいでしょう。
会社側が退職推奨をしつこくしてくるのは、社員を解雇させるためには、整理解雇の要件に該当する必要があるからです。

退職推奨については、某大手ゲーム会社でも話題になりましたが、あまりにしつこくすることで、退職強要に発展する例がたくさんあります。
もし、退職推奨の際、退職強要を少しでも感じたなら、すぐにでも弁護士や労働組合に相談することです。
まともな解雇理由が中々ないことから、解雇ではなく退職推奨によって合意退職に持ち込もうとするわけです。
少なくとも退職推奨の話があった時は、自宅に一旦持ち帰り、家族や友人によく相談する必要があります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る