Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

退職推奨される理由

Pocket

退職推奨される理由 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイトつまり、退職推奨の場合、労働者の自発的な意思を尊重するもので、合意によって雇用契約を解除するものを指します。
そして、退職推奨をする際は、対象者に対して出頭命令をしてはダメで、拒否した時は、続けてはいけないことになっています。
また、回数や期間もある程度定められていて、退職推奨をする時は、必要な期間を超えてはならいとされています。
これらの規定に違反して退職推奨をした場合は、その理由を問わず、退職強要とみなされることがあります。

退職推奨をするにあたっては、それ相当の理由が必要で、理由がないと、公序良俗違反とみなされるケースもあります。
また、対象者を選定する理由が、男女雇用機会均等法や労働基準法に反したものであると、退職推奨はすぐさま違法と判断されます。
企業の業績悪化や、人員削減する必要に迫られているという理由がないと、退職推奨をすることはできません。
辞める意思がない労働者は、その理由に関係なく、退職推奨に対して応じる必要はありません。
その上で、会社がきちんと理由を説明し、退職金の増額などの優遇措置があった時に、退職推奨を検討すればいいのです。

退職推奨は、使用者からあまりにしつこく続く場合は、不当な行為として、労働基準監督署に相談することです。
不況などの理由以外に、単に従業員の態度が気に入らないから退職推奨をするケースもあり、その点は十分、気をつけなければなりません。
また、従業員が退職推奨に応じないと、社内で嫌がらせなどをするケースもあるので、要注意です。
使用者からの契約解除の申し込みに過ぎないのが退職推奨なので、法的強制力はまったくないわけです。
つまり、退職推奨に対して合意するかどうかは、労働者の自由であるので、辞める意思がない時は、その意志を表明することが大事です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る