Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

退職推奨を拒否

Pocket

退職推奨を拒否 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト退職推奨は、労働者がそれを拒否したからといって、解雇することはできないので、使用者は慎重に対応しなければなりません。
もし、労働者に多少のミスや規則違反があっても、退職推奨はあくまで申込みにすぎないので、拒否する権利はあります。
解雇するために、被解雇者の同意を求めるものでは退職推奨は決してないので、応じる意志がない時は、堂々と拒否すればいいのです。
万が一、退職推奨を打診された時は、無言を通すことで、態度を示したいなら、その場で拒否してもかまいません。
そうした場合でも冷静に、考えさせてくださいと答え、退職推奨の話の場では、相手の誘導にのらないことです。
実際に給料の切り下げを退職推奨でしてきても、同意のない賃金切り下げは不可能なので、気にすることはありません。

退職推奨において、辞めてくれないかといわれても、ひるむことはなく、考えさせてくださいと言えばいいのです。
文書を出すことに応じない場合は、退職推奨の退職強要にあたるとして、労働基準法違反であると告げればいいのです。
とにかく、退職推奨をしてきた時は、一歩も引く必要はなく、文書をくれない限りは、出社し続けてもかまいません。
つまり、本当に、真意で了解していない限りは、退職推奨においては、決して、わかりましたと言ってはいけません。
また、退職推奨に応じた場合でも、文書で退職同意書や退職届、退職願などを提出しないようにしなければなりません。
集団で脅迫的に文書を書かされることはまず、ありませんが、退職推奨の話があったときは毅然とした態度が必要です。
また口頭であっても、わかりましたなどと同意を意味するような言葉を退職推奨では、発してはいけません。
もちろん、そういう意味ではいと言ったのではないと主張もできますが、退職推奨の場では、使用者側は中々折れなくなります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る