Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

退職推奨に関する法律

Pocket

退職推奨に関する法律 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト退職推奨というのは、法律にきちんと定められていて、労働者に対し、会社を辞めるよう打診することを言います。
つまり、会社側が労働者に対して、労働契約の解約を申し入れることが、退職推奨ということになります。
いわゆる法律的に、退職勧告を認めた措置が退職推奨であり、その行為そのものは、違法ではありません。
実際、退職推奨をしている会社は少なくなく、これは、法律の上で成立するもので、解雇とは違います。

退職推奨が成立すると、正当な理由があると法律は認めるので、自己都合扱いではなく、会社都合扱いの退職となります。
退職金の割り増しや、3ヶ月間の給付制限が課されないなど、退職推奨を受けると、優遇措置が適用されます。
また、退職推奨に応じると、失業給付日数が長くなるなどの様々なメリットがあるので、悪いことばかりではありません。
ただ、強引に退職推奨を押し切られて、退職届を提出すると、自己都合扱いになるケースがあるので、注意しなければなりません。
要するに、退職推奨をされた場合は、それなりに、労働者側は、対策を練っておかなければなりません。
使用者が労働者に対して、合意解約を迫るのが退職推奨になりますが、これはあくまで申し込みの誘因に過ぎません。

退職推奨されたとしても、法律は、労働者が無理に応じることはないと明記しているので、心配はありません。
実際、法律の判例も、退職推奨を受けたとしても、労働者側は拘束なしに自由に意思決定できるものと、回答を出しています。
いかなる場合も退職推奨に応じる義務はない、とするのが、法律の上での見解になります。
手段や方法が社会通念上、相当性を欠く場合は退職推奨は、法律の上では、行為そのものが、違法に該当することになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る