Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

宅配ドライバーの勤務時間

Pocket

宅配ドライバーの勤務時間 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト

 


宅配ドライバーの仕事は、基本的には荷物を依頼主のところへ配達するのがメインになります。

その際、気になるのが、宅配ドライバーの勤務時間で、何時間働いたらいくらもらえるのかということです。

しかし、宅配ドライバーの勤務時間は、比較的アバウトで、実際、労働時間も不定であることが多いようです。

いわゆる宅配ドライバーの定期便は、新聞配達のように決まった配達先に毎日同じ道を通って配達するものです。

この場合の宅配ドライバーは、ある意味サラリーマンに近いタイプの雇用形態で、勤務時間も定まっています。

勤務時間がある程度決まっていて、繁忙期や閑散期でも関係なしに固定給であることが多い宅配ドライバーです。

荷主の荷物を様々な場所へ運ぶ宅配ドライバーで、傭兵のような存在になるので、勤務時間は明確ではありません。

では、月の宅配ドライバーの勤務時間は一体何時間くらいが平均なのかというと、それはトラック運送データ集で見てとれます。

他にもいろいろな手段がありますが、宅配ドライバーの勤務時間平均を見ると、所定内が170.6時間、所定外が 48時間で、合計 218.6時間となっています。

そうして宅配ドライバーの勤務時間を見ると、今のところ労働環境は決して良いとは言えません。

宅配ドライバーは、勤務時間が不定期であることを考えると、やる気のない状態ではじめてはいけません。

そうすると事故の危険性などが考えられるからで、宅配ドライバーは、かなりやる気が問われる仕事です。

基本的に、宅配ドライバーの勤務時間は、労働基準法というものを完全に有名無実化している側面があります。

また、宅配ドライバーは、サービス残業が多いといわれているので、就業の際には、しっかり確認する必要があります。

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

ページ上部へ戻る