Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

コピーライターとは

Pocket

コピーライターとは – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト


おそらく、みなさんもコピーライターという職業があることは、聞いたことがあると思います。

簡単に言うと、コピーライターというのは、キャッチコピーを考える人ですよね。

いろいろなキャッチコピーが、コピーライターによって考えだされているのです。

たとえば、「コホンといえば龍角散」というキャッチコピーも、コピーライターが考えたものでしょう。

いやいや、永六輔はその言葉を言っていただけで、言葉自体は別のコピーライターが作ったのかもしれませんが。

たとえば、龍角散もそうですが、映画だって、コピーライターの力が重要らしいです。

スタジオジブリのアニメ作品では、コピーライターを重視している傾向があるように思えます。

「カッコいいとは、こういうことさ」「生きろ」「落ち込んだりもしたけど、私はゲンキです」などなど。

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、これらの多くは糸井重里というコピーライターが作りました。

テレビなどにも出る有名なコピーライターの糸井氏は、ジブリ作品でも大活躍です。

とくに、「となりのトトロ」ではコピーライターの糸井氏が出演されていますし。

コピーライターですが、ちょっと調べてみると、日本では平賀源内がさきがけだとか。

土用丑の日のうなぎとか、CMソングを作ったりとか、源内はコピーライターもやっていたそうです。

エレキテルを作り、コピーライターもやるなんて、こうして考えてみると、平賀源内は、すごい人ですね。

また、日本文学界には、たぐいまれなる才能を持ったコピーライターもいるのです。

なんといったって、「生まれてすみません」ですから、太宰はコピーライターといってもいいでしょう。

こういう、なかなかおもしろいコピーライターの世界に、ちょっと興味がわいてきます。

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

ページ上部へ戻る