Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

扶養範囲と年金

Pocket

扶養範囲と年金 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイトつまり、扶養範囲になれば、厚生年金の被扶養配偶者となって、保険料を納める必要がなくなるわけです。
扶養範囲になると、年金を納めたものとして、国民年金が将来もらえるというメリットがあります。
そして、年収が130万円を超えると、扶養範囲から外れるので、年金の保険料を納めなければなりません。
年金の保険料はかなり高く、健康保険と同様に負担が大きいので、扶養範囲に入るように、上手く収入を調整する必要があります。
現在の月収が約10万8千円以下であれば、扶養範囲に入ることができ、被扶養配偶者になれます。
健康保険と厚生年金の扶養範囲内の基準についても、同様の130万円が用いられることになります。

扶養範囲については、年収が130万円未満でも、正社員の4分の3以上の働きがある場合は、年金に加入しなければなりません。
税金に関しては、扶養範囲については、妻の年収の増加分を上回ることはないので、収入が増えれば働き損にはなりません。
しかし、年金に加入すれば、将来の年金額が増えるので、扶養範囲から外れることは、一概に損とも言えません。
それぞれの会社では、扶養範囲が定められていて、中には、家族手当が支給されている場合もあります。
家族手当が毎月2万円支給されている会社は年間24万円にもなるので、扶養範囲で働くかどうかの見定めになります。

扶養範囲をとるか家族手当を取るかは、考え方次第で、この金額以上働くかどうかということになります。
今、健康保険と厚生年金の加入基準の見直しが行われていますが、扶養範囲の範囲がどうやら
年金受給者の扶養範囲は色々で、扶養には、健康保険の扶養と税扶養があるので、注意が必要です。
要するに、所得税の扶養と社会保険の扶養があり、それぞれ扶養範囲の認定基準が違います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る