Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

帰国子女の高校受験

Pocket

帰国子女の高校受験 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト

 


帰国子女というと、高校受験には悩むところで、帰国生を積極的に受け入れる高校の体制には不安があります。

帰国子女枠で高校受験するためには、それなりの必要条件があるので、準備していかないといけません。

要するに、帰国子女の高校受験を成功させるのには、本人の意思と自覚がとても大事で、それに加えて親のサポートが重要になります。

日本にある高校に帰国子女が入学もしくは編入する場合、必ず選考試験を受けて合格しなければなりません。

それは帰国子女といえども例外ではなく、最近、帰国生を積極的に受け入れる高校は、全国で増加傾向にあります。

帰国子女が高校受験するには、選考の際に特別枠を設けるなど、帰国生に何らかの配慮が必要です。

基本的に帰国子女の高校受験の受け入れ体制は、まず、帰国生の受け入れを主な目的としています。

そして、帰国子女が高校受験をして入学後は、補習や語学の特別クラスを設けるなど、受け入れ体制が充実しています。

生徒総数に占める帰国子女の割合が高く、現地校やインター校に長く在籍した生徒でも過ごしやすい環境になっています。

帰国生枠については、帰国子女の高校受験については、特別な受け入れ体制がない学校競争の激しい人気進学校に多い傾向があります。

選考は国内一般と同一問題で行いますが、帰国子女の高校受験の合格基準点は、下げている傾向にあます。

最近では、帰国子女の高校受験については、公立高校の受け入れが活発で、これは国際化の進行によるものです。

帰国子女の増加に伴って、高校受験のための整備が進んでいて、全国的に帰国生受け入れ校が増加しています。

英語教育に重点を置いた高校も増えていて、帰国子女のための、国際学科や国際文化コースの設置も進んでいます。

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

ページ上部へ戻る