Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

退職推奨の対応方法

Pocket

退職推奨の対応方法 – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト退職推奨というのは、会社が労働者に、退職を勧められ、御願いされることを指します。
会社からのお願いが退職推奨になるので、当然、強制力はなく、労働者はそれに素直に応じる必要はありません。
解雇と退職推奨はまったく違うものなので、その際の対応方法は明確にしておく必要があります。
会社側は、労働者に対していきなり解雇することはできないので、退職推奨で様子見る場合があります。

退職推奨は、会社が解雇を簡単に出来ないことを見据えた、新たな手段であることを知らなければなりません。
要するに、退職推奨であるのか、解雇予告であるかを明確にするよう、会社に対して文書で説明を要求することです。
退職推奨に対して拒否、撤回の意志をする時の対応方法は、内容証明郵便で会社に伝えて記録を残しておくことです。
とにかく、退職推奨を受けた時の対応方法は、友人や知人だけでなく、専門家にしっかり相談することが大事です。
あくまで、退職推奨は、会社のお願いであるということを認識すれば、対応方法も自ずと見えてくるでしょう。
自分に辞める意志がなければ、退職推奨の対応方法は、笑って、辞める気などはさらさらないと言えばいいのです。

退職推奨に対する対応方法は、明確に自分の意思を答えればいいだけで、それにプラスして内容証明郵便などで公的に記録すればより良いです。
会社は、退職推奨に対して、はっきり意思表示しない相手に対しては、迷っていると判断します。
明確にして、はっきりと辞めません、と意志表示するのが、退職推奨に対する一番良い対応方法になります。
とにかく、退職推奨された時の対応方法は、絶対に即答しない事で、冷静に考える時間を持つことです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ページ上部へ戻る