Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

宅配ドライバーとは

Pocket

宅配ドライバーとは – 仕事・アルバイト探し情報まとめサイト

 


また、宅配ドライバーの仕事には、集荷希望の人の個人宅や場所に荷物を引き取りに行く仕事も含まれます。
宅配で扱うことの出来る荷物の大きさは決まっていて、宅配ドライバー、180cm以内、重量30kgまでの物を扱います。

そのため、宅配ドライバーの場合、過剰に思い物を持つことはないので、女性や高齢ドライバーも多く見られます。

スキーやゴルフ場への用具を事前に送ったり、生鮮食品なども宅配業務として、宅配ドライバーが取り扱っています。

宅配ドライバーは、入社後、配達伝票の書き方などを覚えた後、担当の地域を決められることになります。

荷物の配達や集荷を始めることで宅配ドライバーの仕事はスタートするのですが、経験を積んだ後、自分の会社を作る人も中にはいます。

しかし、宅配ドライバーの仕事は、重い荷物を運ばなければならないので、ある程度の体力が必要になってきます。

そして、荷物の配達時には、宅配ドライバーは、次の運送の仕事などを聞くなど、お客さんとうまく会話する能力も必要です。

宅配ドライバーの仕事に就くにあたって、夢のある仕事だと思って就職する人も多いでしょうが、そんな甘いものではありません。

よくCMなどにでているクロネコヤマトの宅配ドライバーの様子を見て、憧れる人がいます。

中には、CMに出てくる、場所に届けるんじゃなく人に届けるんだという言葉に感動して宅配ドライバーになる人もいます。

宅配ドライバーは、実際、人を笑顔にして感謝される仕事であることに違いはないのですが、現実は厳しいです。

そのため、宅配ドライバーの仕事に就くなら、一度バイトでもして雰囲気を体感してみた方がいいでしょう。

実際に宅配ドライバーの仕事を経験するとわかりますが、殺伐としていて怒号が飛び交っている中で多くの人が働いています。

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

ページ上部へ戻る